RSS Feed Facebook Twitter

 

日本語

 

英語は、ご存知のように、インターネット社会において、「公用語」となっていますが、
Studio Legale Suttiは、ビジネスにおける「英語 - 唯言語主義」には断固として反対です。
文化の豊かさや、多様性の喪失は言うまでもなく、
英語を母国語としない個人が、国際的な場面において英語をあえて使用することは、何といっても不便であり、
「第三言語」を用いる際や、また、コモンロー(英米法)の国々において、ほとんど唯一話される言語で、
「民法」のさまざまな概念を議論する際には、正確ではなくなります。

もし、あなたが、イギリス人でもなく、スコットランド人でも、アメリカ人でも、
オーストラリア人でもないのなら、SLSのメンバーへご連絡くださる際に、あなたの母国語をお使いください。
イタリア語に精通されている方なら、イタリア語でも結構ですし、欧州の言語なら、双方にとっての意思疎通に適しています。

日本語を母国語とする方へ、当事務所の概要をお知らせいたしますので、ここ をクリックしてください。

当事務所では、現在、以下の言語で連絡をお受けしております。

ポルトガル語や  フィンランド語、 アルバニア語、あるいは オランダ語/ フランドル語 のわかるメンバーも事務所におります。


Latest News

Cocktail party negli uffici romani dello SLS

Rome, 09-10-2018 Gli uffici romani dello Studio Legale Sutti hanno organizzato il cocktail party Omnes […]

SLS e KrioRus a Real Bodies

Milano, 04 ottobre 2018 “Aspetti legali della crionica nello spazio giuridico europeo” è il tema […]

Stefano Sutti inaugura la sezione “Immortalità” di Real Bodies

Milano, 3 ottobre 2018 Domani 4 ottobre 2018, Stefano Sutti, senior partner dello Studio Legale […]